じーの観光スポット紹介&雑学

ドライブ大好きじーのナイススポット紹介

(冬旅その9)行けなかった忍野八海 (山梨)

時間の都合もあり、早々にスカイウォークを切り上げて次の目的地忍野八海へ。

f:id:Travel-info:20200123052306j:plain

 

2泊目は長野県は上諏訪温泉のホテルを予約しています。

僕は、畳の部屋でごろりとしたいのですが、奥さんはベッドでないとダメなので泊まるのは基本ホテルか公共の宿で洋室のあるところになります。

町営の宿などは安い所もありますので、そんなときは贅沢して和洋室に泊まったりもします。

奥さんベッドでテレビ、僕は和室でゴロゴロ。

うーーん、いつも通りの家庭内別居の夫婦です。

 

でもなんでこんなに遠い宿をとったんだろう。

ゆっくり観光していられない。

そうそう、元々1泊の予定だったのに出発前夜遅くになってもう一泊しようと言うことで適当にとったんだった、距離も何も考えずに。

 

ナビを忍野八海経由でホテルにセットて出発。

ナビが調子よさそうなのでルンルン気分でドライブ。(渋滞が無ければドライブ大好き人間です)

気分良く時間を忘れて運転していました。

 

あれ、おかしいと思ったのは運転しだしてからだいぶ時間がたってからです。

とんでもない所を走っている。

 

忍野八海は富士山の東側、でも現在地は富士山の北西。

(ナビ調子が悪いからもっとこまめにチェックしなきゃダメなのに)

今から東側に戻るのは時間的に無理なので、朝霧高原から甲府に抜けそっから中央道で行くことに変更。

朝霧高原辺りは20回は走ってるので迷う心配がないので。

 

問題は精進湖から先、あまり走っていないけど一本道なので迷うことはないだろうという判断。

 

朝霧高原の手前で、トラック3台の列に追いついてしまいトロトロ運転に。

富士山大好きの奥様は、富士山がきれい、迫力があると大興奮だったけど、こっちは日が暮れる前に高速に乗りたいのでそんな余裕なし。

日が暮れると標識を見落としての誤ルートをしやすいので。

(と言うことで止まらずに運転していたので写真はありません)

 

でもなぁんも無いのも寂しいので、以前忍野八海に行った時のを貼っておきます。

何回か行っているのですが写真は何時のんだろう?

季節が早春のようなので、多分5年ぐらい前のだと思います。

この後地震でだいぶダメージを受けたそうなので変わっているかもしれません。

f:id:Travel-info:20200123060205j:plain

f:id:Travel-info:20200123060232j:plain

土産物屋の前のドーナツ状に通路が作られている真ん中が忍野八海の中で一番深い池になります。

深さが10mあるそうですが、底まできれいに見えます。

皆のぞき込んでいますね。

 

f:id:Travel-info:20200123060305j:plain

お土産屋さんで売っていたドクダミとせんぶり。

うーーん、苦そう。

 

f:id:Travel-info:20200123060330j:plain

湧き水を飲めるようになっていました。

 

f:id:Travel-info:20200123060417j:plain

これは少し離れたところにあるお釜池。

右側の色の濃い所の穴から湧き出しているのですが、穴の深さはどれぐらいなのかは分からないそうです。

 

f:id:Travel-info:20200123060445j:plain

ハンノキの資料館もありました。案内板の写真はここの庭です。

建物も多くあって、綺麗な庭で結構回りごたえがありました。

でも肝心のハンノキ見た記憶がない。

多分見ても分からなかったので記憶にないんだろう。

この中で写真を撮った記憶があるのだけど、写真は現在行方不明です。


ちょっと付近を歩いてみました。

こうゆう景色が好きです。

f:id:Travel-info:20200123060354j:plain
f:id:Travel-info:20200123060125j:plain

 

f:id:Travel-info:20200123060533j:plain

駐車場横にあったこの建物は・・・・・

・・・

写真右側に書いてありますよね。

茅葺ログハウスのお手洗いです。

よく見ると入り口に女性用のマークが見えます。

f:id:Travel-info:20200123061403j:plain

中に入って、天井を見上げると茅葺屋根の様子が良く判ります。

茅葺の屋根って、屋根の骨組みは釘などを使わずに丸太を縄で括りつけてあるだけなんですが、それが良く判りますね。

 

f:id:Travel-info:20200123061425j:plain

駐車場裏手は園地です。

最初行った時は有料だったけど、そのあと駐車場スペースが広げられて園地は無料になっていました。

f:id:Travel-info:20200123061633j:plain

追記

左奥の建物、Googleで調べたら旅館でした。

Googleの写真では建物の前の芝生のところにもいっぱい車が止まっていたのでかなり変わっていますね。

上の写真の茅葺のトイレも取り壊されているようです。

庭園の周りは生垣で囲まれていたのですが、取り払われて駐車場と一体になっていました。

 

f:id:Travel-info:20200123061704j:plain

 餌の取り合いバトルです。

でも僕は右上のおっとり顔の白い鯉が好きです。

 

翌日目を覚ましたら(いつも通りの1時半)、雪が降っていました。

一面真っ白です。

 

 「拡大地図を表示」をクリックすると、大きな地図が表示され、口コミなども見れます。