じーの観光スポット紹介&雑学

ドライブ大好きじーのナイススポット紹介

今日は痴ほう症の検査でMRIだ。気が重いので今日はお休み。

痴呆症の疑いがあると言われたのはもう6年近く前。

検査を受けろと言われていたが、ずっと拒否してきた。

 

頭を使えば進行を抑えられるかな?と大嫌いで学生時代を含め勉強したことの無い英語の勉強を始めた。

 

自分としては英語の単語も覚えられるし、構文もそれなりに理解できるのでまあ何とかなっているなと思っていた。

医者にも英単語を覚えられる間は検査は受けないと宣言してきた。

 

さすがに5年以上続けると、たどたどしいながら少しは英語で会話が出来るようになった。

 

ところが最近レッスンの時にこれはやばいかなと思いだしてきた。

ワンレッスンは45分間であるが、レッスン前に今日はこんなことを話そうと考えていたことが思い出せないときが出てきたのだ。

そんな時に限って、そんなときのために「すいません、今日は調子が悪いので、予定していたことが思い出せません。軽い日常会話でお願いします」と言うフレーズを前もって覚えておいたはずなのにそれも思い出せない。

先生は日本語が判らないから戸惑っている。

そんなことがちょくちょく出だしたのだ。

 

半月ほど前の定期検診で、医者に昨夜の晩御飯のおかずを聞かれて全く思い出せなかった。

さすがに今回は検査の拒否はできなかった。

 

脳の検査なので、頭をベルトで固定して細い筒の中に放り込まれる。

しかも30分とからしい。

 

俺は閉所恐怖症なのだ。

その上、痰がよく絡むし喘息持ちだ。

その状態で喘息の発作が起きた時のことを考えると恐怖でしかない。

医者はボタンを押せばすぐに技師が駆け付けるというが、それまで俺が生きてるかどうかも分からん。

とにかく怖くていやだ。